札幌発!雪みちを安全・快適に歩くための総合情報サイト
トップページに戻る
雪みちを快適に歩くために…
転ばないコツおしえます!
雪みち歩き方徹底研究!
雪みちを快適に歩く靴の選び方
雪みちを快適に歩く服選び
補助具を使ってもっと安心
転倒予防のために
雪の不思議!路面の不思議!
雪の結晶の秘密!
雪のいろいろ
道路の雪のいろいろ
つるつる路面はどうしてできるの?
滑るということ・・・
冬快適コラム
好評配布中!
砂箱を利用しよう!
--
クイズ 札幌の冬 北海道の雪
あなたの転ばない度をチェックしよう!
教えて!あなたの転ばないコツ
札幌市の転倒事故の状況
転倒事故によるケガの実態
動画で見るトレーニング・転ばない歩き方
委員会について
お役立ちリンク集
 
冬の道を快適に歩くために…
HOME > 雪みちを快適に歩くために… > 雪みちに負けない靴の選び方
雪みちに負けない靴の選び方

(1)はじめに
雪みちにスニーカーや皮底の靴は適しません。また不安定なハイヒールで雪みちを歩くのは危険です。雪みちを安全で快適に歩くためには、雪みちに適した靴を選んで履くことがとても大切です。
北海道では、雪や氷に覆われた路面を歩くのに適した「冬靴」が靴販売店などで販売されています。ここでは、冬靴のしくみと、冬靴の選び方についてご紹介します。

上にもどる


(2)冬靴ってなんだろう?

一般的に、次の条件を全て備えている靴は「冬靴」と呼ばれています。

 
  1. 滑らない:靴底が滑りにくくなっていること
    (防滑性に優れていること)

  2. 濡れない:水に濡れても靴の中までしみこまないこと
    (撥水性・防水性に優れていること)

  3. 暖かい :靴の中がいつも暖かいこと
    (保温性に優れていること)

上にもどる


(3)つるつる路面で滑りにくい靴底を選ぼうっz!
滑りにくい冬靴のひみつは靴底に隠されています。
     
ピン・金具付きの底  
 
■ 先の尖った金属のピンや金具が靴底についており、固い氷を強くひっかき突き刺します。

  【注意】
じゅうたん等の上を歩くと金具がひっかかってつまづいたり、地下街や建物内のタイル等の床では滑りやすい。

靴底イラスト

     
  深い溝のある底  
 
■ 深いギザギザ模様の溝がついている靴底は、路面に対するグリップ力が強いので滑りにくくなっています。
トレッキングシューズのような靴底が固くて単に溝が深い靴底は、つるつる路面では滑りやすいので、溝の深さだけではなく靴底のやわらかさも重要です

 

【注意】
溝に雪が詰まると滑りやすくなる。

靴底イラスト
     
  柔らかいゴム底  
 
■ 柔らかいゴムを使った靴底は、路面に対する接着力が強いため滑りにくくなっています。
靴底イラスト
     
  滑り止め材入りのゴム底  
 
■ 滑り止め材が混ざっている靴底は、ヤスリのように路面の表面をひっかくので滑りにくくなっています。

靴底イラスト


上にもどる


転ばぬ先の「靴底選び」〜冬靴を買う時はお店の人に聞こう!〜
あらゆる路面に対応できる、滑らない靴はありません。冬靴を買う時は、自分がよく歩く路面状況について、お店の人に詳しく話し、アドバイスを受けて下さい。 
 靴底についてさらに詳しく知りたい方は、冬靴を取り扱っている靴販売店にお問い合わせ下さい。
 

イラスト

上にもどる


お役立ちメモ
 
■ つるつる路面には、ピン・金具付きや深い溝のある靴底がおすすめですが、さまざまな路面に有効な柔らかいゴム底や滑り止め入りのゴム底も持っていると冬の暮らしがより快適になります。

■ 靴底は使用するごとに劣化、消耗するのでチェックしましょう。また毎日履き替えることで消耗を和らげることができます。

■ 路面に合わせて靴底の違った靴を2〜3足持つのもいいでしょう。

上にもどる

 
ご意見・ご感想ご利用にあたってリンクについてこのサイトについてサイトマップ
Copyright (C) 2005 つるつる路面転倒防止防止委員会 All right reserved.